出来事

チョコモナカジャンボと葛藤

アイス大好きです!!

暑い日だけじゃなくて寒い日にも食べたいし、風呂上りだけじゃなく寝起きにも食べたいです。

年がら年中アイス食べたい。

でも何故か大好きなアイスなのに量を食べられないんですよね。なんででしょうか。

途中で飽きちゃうんです。

アイスの王様(?)ハーゲンダッツは濃いので一週間かけて食べたいです。一日3口がベストな量ですね。

一番好きなのはチョコモナカジャンボなんですけど、やっぱり量が多いんです。その名も「ジャンボ」ですから。

ありがたいことに割りやすい形状をしてるから数日間にわたり食べることも簡単です。

でも物凄く重大な問題があります。

モナカってすぐ湿気るんですよ!!!

チョコモナカジャンボの一番の売りはパリパリのモナカでしょう!?

異論は認めません!

あのパリパリのモナカと中のチョコのパリパリのハーモニーこそチョコモナカジャンボの真髄です。

でも封を開けて冷蔵庫に一日いれておくだけでパリパリのモナカの元気が無くなってしまうのです。

たった一日で花が萎れてしまったみたいになるんです!

モナカをトースターでちょっと焼けばパリパリが復活するとどこかで聞いたので実行してみたりもしました。

ちょっと焼くだけなので中のアイスは溶けないらしいです。

ただ食べかけのモナカには断面というものがあるじゃないですか。

溶けるんですよ。断面から。

ベロベロです。

モナカがパリパリどころの騒ぎじゃなくなってしまいます。

やっぱり封を開けたら全部食べきっちゃったほうがいいのかな~。

でも飽きながらチョコモナカジャンボを食べるなんて悲しくないですか??

わたしにとってチョコモナカジャンボをどうしたら美味しく食べきれることが出来るのかというのは永遠の課題です。